8っち。の望む! いつでも海幸生☆彡

釣り(ショアジギング、フカセ釣りなどなど)して海の近くで暮らしてます。

釣行回顧☆2(ショアジギング:青物)&ルアーカスタム

 昨年末12月も半ばになり、年間50釣行もしているくせに、ワラササイズの釣果は「0」!(下手っぴの証明)


 例年であれば、12月ともなれば水温も低下し、年末には15度台になって、フカセ釣りへシフトしているところ、何故か昨年12月は水温が高め?

 はじめてリールをオーバーホールに出そうか迷っているところに、ワラサの釣果が見て取れる!だったら、まだチャンスあり!と職場の釣り仲間と沖磯へショアジギング!


 そこで運よく3.6kgのワラサを1尾キャッチ٩( ‘’ω’’ )و 
シャーッ(^^♪!運をつかんだぞー!(下手っぴには運が必須。)

f:id:kaikouki-8titti:20190322012502j:image

(ヒットルアー:撃投ジグレベル 80g ブルピン)


 そしてこの年のショアジギングはシーズンオフ。リールのオーバーホールへ・・・。


 しばらくはショアジギングはお休み。特に冬場は風が強くて釣りに行かないことが多いし。


 そんな中、今年、この時期にはまったのが、ルアーの色について!


 いろいろネット検索してみると、マグロは黒いルアーに食ってくる!とか、

「黒」は一番シルエットがはっきりしてアピール力が強い!とか・・・
検索して件数は多くないが、黒は釣れるカラー。


 黒を否定する意見は目に留まらない。というか、記憶に残らなかったので、黒いルアーはほぼほぼ釣れるカラーという認識がオートインプット。


 単純に黒くするにはマジックで塗りつぶせばいいじゃん!
と思っていると、だれかのブログに顔料系でないとダメみたいに書いてあったような気が・・・
 なんで?だったかは記憶に残ってない。ただ、手元に愛車が飛び石で被ったキズの部分塗装をするために買って余っているタッチペン(黒:顔料)があったから、これ使える!的なノリで流し読んでしまった。

f:id:kaikouki-8titti:20190322012643j:image


 

 でっ、こいつを使ってカラーカスタム!
  俺はADHDなんじゃないかって?思ってしまう。普段は気が散漫なくせに、この時ばかりはと一気に10数本もルアーを黒く塗ってしまった(汗)。


 更に興味持って調べていくと、ルアーの色というか、魚の見え方について。


 海の中では色:カラーはどお見える?実験してくださっている方に感謝します。
 俺も20数年潜りはしてないが、確かに海の底のほうは青(紺)の世界というか、紺/白のコントラストの世界。


 ブリは色覚なし?色盲?白黒しかわからない?モノトーン?
 だとすると、エサ、ベイトはどんなふうに見えているのか?


 iPhoneのカメラをモノトーンモードにしてサンマを写してみると!

ほぼ「白」!!じゃん( ゚Д゚)

f:id:kaikouki-8titti:20190322012946j:image
 アジも写したが、ベイトになるような魚はほぼ白っぽく映る!

 でっ、海の中での色の見え方を実験された方の結果を参考にさせてもらうと、白が一番目立つ!


だったら「白」じゃね!?


 レッドヘッドのホワイトボディーがよく釣れるのはコントラストの差が大きくて、アピール力があるからだ!との記事もあり、そこそこ納得。

 

 でも、魚をモノトーンで写したコントラストって背黒で腹側が白。だったら、ヘッドとボディのコントラスト差つけるよりも背腹でコントラストつけたほうが自然じゃない?
 誰かがオフショアジギングで白かグローのジグに背黒カスタムすると食いが良いって書いてあったのに納得。


と同時に、10数本もルアーを真っ黒く塗りたくったことを後悔(汗)。

f:id:kaikouki-8titti:20190322013042j:image

メインは「白」だったぁ~(ToT)/~~~